【iPad買取】解約は必要?iPadの売却・処分前にしておくべき5つの準備

iPhone商店トップ > すべての記事 > 【iPad買取】解約は必要?iPadの売却・処分前にしておくべき5つの準備

【iPad買取】解約は必要?iPadの売却・処分前にしておくべき5つの準備

2016年12月16日(金)1:40 PM

iPadにはあなたの個人情報がビッシリ詰まっています!
そのため、売却や譲渡するときに、必要な準備を行わないまま処理してしまうと
「あなたの身に覚えのない請求が来る」など大変なことになる可能性があります((+_+))

そこで今回は売却や譲渡する前に注意しておきたい5つの準備をご説明します。
この5つを準備しておけば売却したあとで不安になることもありません。
準備は簡単にできるので、ぜひ今回の記事を参考にしてくださいね(^^♪

準備1:iPadのiOSデバイスをデータバックアップする。

iPadを売却する場合は、個人情報を他人に利用されないようにデータをすべて消去する必要が
あります。しかし、iPadの中には次に購入するiPadやiPhoneに引き継ぎたい情報があると思います。

そのような情報を引く次ぐためには、iPad本体を初期化する前にデータバックアップを
取っておきましょう。具体的にバックアップを取る方法は2つあります。

  • iCloud経由でバックアップする
  • iTunesを経由してバックアップする

移動させるデータ容量が少ない場合はiCloudで手軽にバックアップが取れます。
一方でデータ量が多い場合は無料版のiCloudではバックアップ容量が足りなくなるため、
有料化するか、MacやWindowsのiTunesでバックアップを作ります。

売却するときも店頭ではバックアップを取ってもらえないため、
バックアップを取ってからお店に行きましょう。

準備2:Apple Careの解約

iPadを購入したときに入ったApple Careの有効期限が切れていない場合、
Apple Careを解約することで残りの保障期間分の返金が受けられます。
解約手続きの方法はiPadを購入した場所によって違います。

Apple StoreでiPadを購入した場合は、平日にApple カスタマーサポートに電話をかけて
解約手続きを行います。
auやSoftbank等のキャリアで契約した場合は、ショップやオンラインから解約手続きを行います。
キャリアによって契約解除方法が違うため注意が必要です。
また、次のような書類や番号が必要ですのであらかじめ準備しておきましょう(^_-)-☆

必要なもの

  • AppleCare 契約番号(登録書に記載されている番号)
  • iPadのシリアル番号
  • レシート (原本)

AppleCare契約解除手続き

準備3:iPad本体の初期化

データのバックアップとApple careの解約が完了したら、次はiPadの本体を初期化します。
この初期化の手続きを忘れてしまうとデータがiPadに残ってしまいます。
その結果、次に利用した人に個人情報が漏れてしまう可能性があります。
クレジットカードの情報などが残っていると大変危険ですので、
必ず初期化を行うようにしてください。

初期化は「設定アプリ」を起動し、
「一般」→「リセット」→「すべてのデータと設定を消去する」で完了します。
初期化作業を行うと、写真やアプリなどの情報が消去され、新品と同じ状態になります。
初期化後にバックアップを取ることはできないため、データの保存忘れに注意してください。

iPadのバージョンがiOS10以降の場合


iPadのバージョンがiOS10以降の場合、
データを消去しただけではapple idとiPadの連携が残ってしまう場合があります。
iOS10以降のバージョンをお使いの際は、
下記のURLを参考にapple idとiPadのリンクの解除を行い、完全に初期化しましょう。

準備4:キャリアの解約

iPadをauなどのキャリアで購入した場合は、3G回線契約になっている可能性があります。
iPadにはWi-Fi回線で使用する端末タイプと、電話回線を利用する端末タイプがあります。

au、softbank、docomoなどとキャリア契約しているiPadは、
Wi-Fiを使っていない場合、電話回線を契約していることになります。
この場合、キャリアとの契約を解除しておかなければ、基本料金が発生してしまいます。
SIMカードを抜いただけでは、基本料金が請求され続けてしまうため、
忘れずに契約を解約しておきましょう( ..)φメモメモ

また、ショップで商品の機種代金を分割払いで購入した場合、払い終わっていないiPad本体の
機種代金が請求されることも覚えておきましょう。


【注意点】SIMカードの取り扱いについて


古いSIMカードでも、利用することで電話番号宛に請求が発生します。
SIMカードを放置したり、そのまま捨てると他者に悪用され、
身に覚えがない料金を請求されてしまう危険性があります。
そのため、MNPキャンペーンや機種変更時には、不要になった古いSIMカードは
必ず切断して捨てるか、大切に保管するようにしましょう。

準備5:購入時の付属品をそろえて査定金額をアップ

最後に購入時の付属品をそろえます。付属品の状況によっても査定金額が変わるため
できるだけ集めるようにしましょう。具体的にはiPadには次のような付属品があります。

  • 電源アダプタ
  • Lightningケーブル、またはDockケーブル
  • SIMカード取り出し用ピン
  • シール
  • マニュアル
  • 外箱

外箱も貴重な付属品です。ネット広告などで特記がない限り、 ホームページに提示されている買取価格は、どの業者様も 付属品がすべて揃っている新品状態の場合の料金を記載しています。
そのため、高く買い取ってもらうためにも、 これらの付属品をできるだけ多くそろえましょう。


当店では、商品状態によっては本体のみでも
減額がない場合もございますので お気軽にお問い合わせください。


※「ショップの人がフィルムをくしゃくしゃにしてしまった」「未使用だがフィルムが無い」 などの場合は新古品としてお取り扱いできることもございますので合わせてご相談ください。

番外編:譲渡する場合はどうしたらいい?

もし、ケータイキャリアで購入したiPadを売却や処分ではなく知り合いに譲渡する場合は、
2つの方法があります。
まずは、今回紹介した5つの準備を終えて、すべての契約解除とデータ消去を終えたのちに
iPadを渡す方法。もう一つは、キャリアとの契約は解除せず、譲渡手続きを行う方法です。

譲渡手続きを行う場合は、現在iPadを使用している方と、譲渡される方の2名でショップに行き
手続きを行います。この際に必要になる書類は各キャリアで違うため、
譲渡する場合はあらかじめショップに問い合わせておくことがおすすめです。

iPadの売却は焦らず準備するのがポイント!

iPadを売却する場合は、今回紹介したような5つの準備が必要です。
特に初期化や解約ができていないと、不当に請求や無駄な出費につながる可能性があります。
そのような事態にならないためにも、事前にきっちりと準備しておくことが大切です。
最後に、ポイントを整理しておきます!(^^)!
  • データを移行するためにデータバックアップしておく。
  • Apple Careを解約すると返金が受けられる。
  • 本体に個人情報を残さないように、iPad本体を初期化する。
  • 電話回線の基本料金が掛からないようにキャリアを解約する。
  • 付属品をできる限りそろえる。
iPadを売却や処分する前に、今回紹介したこの5つの準備ポイントを必ず行っておきましょう。
このような準備を行っておくことで後から困ることも少なくなります。

これから処分や売却を行う場合は、今回紹介したことを参考になさってください(^^♪


«   |